サラリーマンこそ節税!?手取りを増やす節税方法

みなさんお金を増やすために何か対策をしていますか?例えば光熱費を節約したり食費を抑えたり、サラリーマンの方などは仕事量を増やしたり現状より責任のある仕事などをしてお金をたくさん稼ぐ人などがいると思います。

光熱費や食費を節約するのにかなり我慢し精神的にきつくなり、給料増やすために仕事量を増やすと身体的に厳しくなってきます。そうして体調を崩してしまっては医療費などでお金が出て行き結果お金を増やす事ができません。

給料明細を見て「税金が高い」、「税金を払わなかったらもっと生活楽なのに」や「税金を払わない方法とかないの」など思っている方はっけこういると思います!

今回は無理なく効率の良い節税方法を紹介していこうと思います。

課税対象のもの

日本ではお金が発生するところでは必ず税金が発生します。転売で発生した利益、資産運用で得た利益や、仮想通貨で得た利益などにも課税対象になります。もし確定申告時に正確に申告しなければ後から追加で税金を払わなくてはいけません。

節税によって税金の支払額を抑える事ができたり、返礼品を受け取ることなどできますので節税方法を紹介していきたいと思います。

節税

ふるさと納税

ふるさと納税は自分で決めた市町村に納税する事ができます。普通は住民税として今住んでいる場所に納税されますが、ふるさと納税することにより税金を納めたい市町村に納税する事ができます。

住民税として納税する場合納税してしまったらそのまま終わりですが、ふるさと納税をおこなった場合返礼品として旅行のチケットや、特産品を送ってくれます。市町村によって返礼品が異なるのでふるさと納税の公式サイトで確認してみてください。

直ちに税金を控除されるのではなく、次の年の税金が控除されるので、無理がないように納税してみましょう。

iDeCo(確定拠出年金)

iDeCo(イデコ)は自分で年金を貯める制度で、毎月の貯蓄金額に対して税金を控除できます。職業ごとに毎月の貯蓄金額は異なりますが、年金を貯めながら税金を抑える事ができるのはとても良い制度です。

iDeCoは貯金か投資信託を決める事ができます。原則自由に引き落とす事ができなく、定年退職後に引き降ろす事ができます。例外として会社を辞めると引き落とす事ができます。

iDeCoの場合各証券会社のホームページからシュミレーションができますのでぜひ試してみて、どの位税金が控除できるのかを試してみましょう。

セルフメディケーション税制

セルフメディケーション税制は最近出てきた制度で、薬局などで販売している一般の薬でも税金の控除対象になります。全ての医薬品が税金控除対象ではなく対象の医薬品には「税 控除 対象」などのキーワードが含まれています。

よく体調が悪くなり薬を自分で購入している方など一度普段服用している薬を確認してみてはいかがでしょうか?もしかしたら税金を控除できる薬を購入している可能性があります。

確定申告時にレシートなどを用意する必要があります。

医療控除

年間医療に支払った金額が10万円を超えると超えた分に控除を受ける事ができます。年収200万円未満の場合は所得金額の5%を超えたら控除を受けることができます。本人以外にも配偶者や子供の分も一緒に計算する事ができます。(保険を利用した場合差し引かれることもあるので注意してください。)

年間医療費から保険金を引き、さらに10万円を引いた額が医療控除になります。美容整形など適用外のものもあるので注意です。

レシートなどの証明書は必ず必要になるので大切に保管しておきましょう。確定申告時に必要になるのでそれまでにはしっかりと整理しておきましょう。

保険の種類によっては税金の控除を受け取る事ができます。例えば社会保険料控除、生命保険料控除、地震保険料控除などで税金を控除できます。

生命保険料控除の中には新生命保険料、介護医療保険料、新個人年金保険料各最高4万円まで税金を控除する事ができます。

保険は長く生きていく上でとても重要なものになってきています。毎月保険にお金を払わなければいけませんが、その保険を利用して節税効果を受ける事ができます。サラリーマンの方であれば保険に入っている方が多いと思いますので、一度保険を見直してみてはいかがでしょうか??

投資の損失

サラリーマンの方で現状の収入で満足していない人でFXや先物取引などで損失してしまった場合放置するのではなく、確定申告で損失してしまった金額を申告することをお勧めします。確定申告する事で翌年度の利益と去年の損失を通算し、税金を控除できる可能性があります。

例えば30万円損失してしまった場合次の年100万円利益出しても70万円が課税対象になります。ですのでかなり損失を出してしまった人などは申告をして次の年に備えた方がいいかもしれません。

住宅ローン控除

人生の中で一番大きい買い物になる人も多い住宅購入ですが、ほとんどの人がローンを組んで家を購入していますが、この住宅ローンにも税金の控除が適用できるのです。所得税が軽減され控除額は購入したタイミングによって違い、約10年間受ける事ができます。

控除額はタイミングによって違うと言いましたが、世帯数や家の構造(太陽光やバリアフリーなど)にもよって変化しますので、住宅を購入する際には十分調べましょう。

最後に

節税効果を続けることで大きな効果を発揮します。無理して働いたり節約するより効率がとても良いです。一度自分自身の支出を見直すだけでかなり課題点を見つける事ができます。

日本は税金を根こそぎ取る国ですので税金の制度も結構早いスパンで変わっていくのですニュースや新聞など確認した方がいいです。

税金控除の内容だけが変更されている可能性もあるので、確定申告前にしっかり調べて効率よく税金控除するようにしましょう。

うまく控除すれば数十万円も控除できるので、戻ってきたお金は他の資産運用に回したり、旅行に行ったり、家族サービスするのもいいのかもしれません。

【こちらのメディアも一緒にどうぞ!】
【TABICraft(たびクラフト)】自由な会社員メディア
副業や自由をテーマに様々なことを発信しているメディアです。

【PHOTOCRAFT(フォトクラフト)】PHOTOCRAFT
ドローン、一眼レフなどを用いた写真や動画のメディアです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です