誰でもわかる!?イーサリアムとは?【仮想通貨図鑑】

皆さんイーサリアムという通貨はご存知でしょうか?

仮想通貨といえばビットコイン!という人が多くいると思います。ビットコインをアメリカドルで例えるならイーサリアムはユーロみたいなものです。(性能や特徴を除く)

イーサリアムはビットコインに続き時価総額や価格が常に上位で、ビットコインでできないものはイーサリアムでできてしまう事が結構あります。仮想通貨取引所ではビットコインと同様ほとんどの取引所で購入する事ができます。

今回はイーサリアムについて説明していきたいと思います。

イーサリアムとは??

イーサリアムは2013年にヴィタリック・ブテリンという人物により開発が始まり、2014年に販売が開始され、2015年頃から日本でもイーサリアムの販売を開始しました。

イーサリアムもビットコイン同様ブロックチェーンを利用しているので送金スピードや取引スピードの短縮や送金手数料を下げる事ができます。

スマートコントラクト

ブロックチェーン上に記録できるものは通貨の取引記録だけではありません。契約内容など通貨の取引以外もブロックチェーンは記録できます。イーサリアムは通貨と同時に契約内容や約束事なども一緒に記録する事ができます。

ブロックチェーンはデータの改ざんすることは極めて難しいので契約書を破棄したり、内容なども改ざんはできません。

ブロックチェーンを利用することによりコストなどを削減する事ができます。

利用方法

イーサリアムはビットコインやモナコイン同様店舗で決済する事ができますが、主にICOに多く利用されています。

ICO(Initial Coin Offering)とは

ICOとは未上場の仮想通貨を出資者に購入してもらい価格を上昇させ、上場させる制度です。株式投資でいう未公開の株式を購入するような感じです。

ICOに参加し新しい仮想通貨を購入するには取引所でイーサリアムを購入し、取引所からイーサリアムを送金し新しい仮想通貨を購入する事ができます。

通貨によって様々ですが多くはイーサリアム経由で購入するので、ICOに参加するのであればイーサリアムを購入しなければいけません。

イーサリアムクラシック??

イーサリアムクラシックというイーサリアムに似た仮想通貨も存在します。

イーサリアムクラシックはイーサリアムが不正送金された事件(The DAO 事件)で、イーサリアムを不正送金された前の状況に戻した時に生まれた仮想通貨です。

詳しく説明すると

イーサリアム不正送金

ハードフォークにより不正送金が行われる前の状況に戻す

コミュニティの約9割が賛成し、ハードフォークが実行され不正送金は無効化

という感じで問題は収まったように見えましたが、本来仮想通貨はブロックチェーンで取引が行われ、データの改ざんは極めて困難なものであり世界中で監視しているのがブロックチェーンであるのに、多くの人の意見で過去の取引が変更できてしまったのに不満を持った一部のユーザーがハードフォークを拒否し、イーサリアムクラシックが誕生しました。

イーサリアムとイーサリアムクラシックは別のブロックチェーン上で取引が記録されています。ですが元は同じ通貨だったので機能などはほとんど一緒です。

ですのでイーサリアムに何かあった時はイーサリアムクラシックまで価格変動の影響を受けやすいと言われています。

イーサリアム価格変動

イーサリアムはビットコインやリップル同様仮想通貨ブーム時にものすごい勢いで価格が急上昇しました。一時1ETHあたり約18万円もの値段がついていました。現在では1ETHあたり約5万円付近を変動しています。

PoW PoS

PoW

現在イーサリアムはPoWを利用しておりPoWを利用して取引をチェックしています。PoWの特徴としてはパソコンが高性能なほど早くマイニング(取引の確認作業)が行えるので、より多くのマイニングを行う事ができ報酬ももらえます。

デメリットとしては電気代がかなりかかる事、パソコンに常にダメージを与えている事です。

PoS

エイダコインやネムはPoSを利用しています。PoSは仮想通貨を保有しているほどマイニングができる制度で、パソコンのスペックなど求めらないほか、電気代もあまりかかりません。株の配当金のようなものです。

イーサリアムはPoSに移行しようとしていますがデメリットも存在します。PoSは多くの仮想通貨を保有していなければ多くの報酬をもらえることはできません。報酬をたくさんもらうためには仮想通貨を大量に購入し、それをマイニングに利用しなければいけません。ということは仮想通貨の流動性がへり価格が下がってしまう可能性があります。

価格が極端に下がってしまってはマイニングで報酬を受け取ったとしても利益にはなりません。

今後

イーサリアムが完全にPoSに移る可能性はまだ高くなく、どちらも取り入れる新しいスタイルを取り入れる可能性もあります。イーサリアムは仮想通貨の中でも影響力の大きい仮想通貨で、仮想通貨を購入する際イーサリアムも購入してみてもいいかもしれません。今後もイーサリアムの動きに注目する必要があります



【こちらのメディアも一緒にどうぞ!】
【TABICraft(たびクラフト)】自由な会社員メディア
副業や自由をテーマに様々なことを発信しているメディアです。

【PHOTOCRAFT(フォトクラフト)】PHOTOCRAFT
ドローン、一眼レフなどを用いた写真や動画のメディアです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です