お金を賢く使おう!無駄使いをなくすお金の管理方法

日々の生活の中で「気付いたらお金がない」「もっと金銭面で余裕を持って生活をしたい」なんてお思ったことはありませんか?

誰しもが、お金を賢く使えたら理想だと考えていますよね。しかし現実問題、現在の職業で飛躍的に収入を上げることも難しいですよね。更には、その場のノリや感情で、ついつい気付いたら無駄遣いしてしまうのが悲しい現実です。

お金を賢く、管理できるようになるだけで、日々の生活が少しづつ充実したものに変わっていくでしょう。

今回は、家計簿を毎日利用するだけで、お金の管理ができるようになる方法をご紹介します。

家計簿の定義
家計簿とは、収入・支出などを記入する帳簿のことを指します。個人のものは、お小遣い帳と呼んだりします。 一般的には、収入以上の出費にならないように付けるのを目的としているのが家計簿です。 何事も堅実で真面目な人格者が多い日本では、広く普及していますが、外国ではあまり一般的ではあありません。日本ならではの家計簿を上手く活かさない手はありません。

・一か月の予算を設定しよう

「トラックパッドやノートPCが置かれたエンジニアのデスクトラックパッドやノートPCが置かれたエンジニアのデスク」のフリー写真素材を拡大

 

毎月自分がどのぐらいお金を使っているか正確に把握していますか?

先ずは、一か月で自分が何にいくらお金を使うかの予算を設定します。最近の家計簿アプリでは予算の設定と一日計算でいくら使えるかを出してくれるものが多くあります。

収入から支出を考え、一か月の各予算を設定しましょう。固定費(家賃、光熱費、水道代、税金、食費、交通費、通信費など)と変動費(交際費、雑費、趣味嗜好、貯金など)を設定することで、一か月の目安が予め把握した上で生活を送ることができます

節約できるところを探しましょう

「いくら数えてもお金が足らないいくら数えてもお金が足らない」[モデル:千歳]のフリー写真素材を拡大

一か月の予算を設定し終えたら、次に各項目を見直し、節約できそうな項目がないかを探してみましょう。

例えば、食費ですが気付いたら多くお金をかけてしまっている項目の一つですが、毎月一人での食事を外食メインで30,000円使っていたとします。

そこを自炊と外食を半々にすることで20,000円に削ることができそうだな。という感じに少しの自分の意識や行動で使うお金を削ることができる項目を探し、節約した予算の設定をしましょう。

「そこまでして節約をしたくない」という方もいるとは思いますが、食事よりも趣味にお金を使いたたい人からすれば、少しの努力で趣味に使えるお金を増やすことができれば、その努力もやって良かったと思えるでしょう。

このように、自分がどこにお金をかけたいかで、臨機応変に予算の設定を変更して良いのです。

毎日の支出を忘れずに直ぐに入力する癖を付けましょう

「ワイヤーフレームが書かれたノートワイヤーフレームが書かれたノート」のフリー写真素材を拡大

何事も日々継続が大切ですよね。家計簿を付けることも毎日、日々継続が大切です。

「今日は疲れたから明日まとめて付けよう」というのが癖になってしまうと、領収書を常に管理しているタイプであれば大丈夫かもしれませんが、付け忘れ一、二回してしまうだけで、金額がズレてきてしまいます。

多少であればそこまで問題はないのですが、まとめて付けることが癖になってしまうと結果的に途中から付けなくなる人がほとんどなのです。

一日の振り返りをしよう

プンプンお怒りビジネス女子(グリーンバック)

家計簿を付け終わった一日の終わりに予算の計画通りに一日を過ごせたかを振り返りましょう。

使い過ぎてしまったのであれば、次の日などに調整をしたり、うまく節約できたのであれば、今週末に少し贅沢するなど一日を振り返ることで、明日以降の予定や過ごし方が変わります。

これも、できる限り毎日行うようにしましょう。

・まずは一か月やり切りましょう

「書類選考通った!(就活女子)書類選考通った!(就活女子)」[モデル:河村友歌]のフリー写真素材を拡大

 

1か月やり遂げ習慣にできればこの先も継続して続けていける土台ができます。先ずは、一か月やり遂げましょう!

一か月の振り返りをしましょう

さて、一か月やりきったあなたの家計簿には、一か月間に何にどれだけお金を使ったのかを見ることができます。

今まで家計簿を付けたことのなかった人は、気付いたらお金が無くなっている原因がはっきりしてきます。

以前、家計簿を付けた事のある人は、予算通りにできた個所とそうでなかったところを確認し、原因をはっきりさせておきましょう。

来月に活かせる点を探して予算の設定を見直しましょう

「ちょっと風強いねガールちょっと風強いねガール」[モデル:河村友歌]のフリー写真素材を拡大

一か月の結果を見て「ここにお金を使い過ぎたな」「これは予想よりも使わずに済んだからもっと節約することが可能だな」という項目を見つけましょう。それぞれ一つずつ見つかると良いでしょう。

何個もある場合においても人間多くのことを一気に修正をかけるのは難しいですよね。先ずは一つ一つ修正をかけるために一つずつがちょうど良いです。

使い過ぎた項目は、節約するための予算の設定、予想よりも使わなかった項目は、達成可能なギリギリの予算の設定をしましょう。

これを毎月毎月繰り返すことにより「お金を賢く、無駄使いが減る」状態を作り出せます。

まとめ

「上から目線の「ありがと」上から目線の「ありがと」」[モデル:段田隼人]のフリー写真素材を拡大

 

いかがでしたでしょうか。家計簿を使ってみようと思ったことはあっても、続かなかったり、使い方がいまいち分からなかったりした人が多かったのではないでしょうか。

家計簿は、コツコツ毎日付けることで、賢いお金の使い方が身につくだけでなく、自身の金銭感覚を客観的に見直せる機会でもあります。

皆様の日常が少しでも素敵になるきっかけになればと思います。

【こちらのメディアも一緒にどうぞ!】
【TABICraft(たびクラフト)】自由な会社員メディア
副業や自由をテーマに様々なことを発信しているメディアです。

【PHOTOCRAFT(フォトクラフト)】PHOTOCRAFT
ドローン、一眼レフなどを用いた写真や動画のメディアです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です