ふるさと納税で節税+クレジットカードのポイントが貯まる!

最近流行りのふるさと納税の正体とは?

最近よく聞く「ふるさと納税」とは一体なんでしょうか?

「寄付をしながら贅沢ができる方法?」「地域に貢献すれば節税ができる方法?」などなど

たくさん色々なフレーズがあると思いますがここで話すふるさと納税とは

「贅沢をしながら節税ができてさらにクレジットカードのポイントが貯まる方法」

と頭の中にいれとくとわかりやすいでしょう!

ちなみにこんな夢のようなことができるのか?と思う人もいるでしょう。

しかし、できちゃうんです!こんな夢のような方法が!

ということで今回は夢のようなふるさと納税の利用方法を話していきます。



 

まず、ふるさと納税とは?

「ふるさと イメージ」の画像検索結果

ふるさと納税
「納税」という言葉がついているふるさと納税。 実際には、都道府県、市区町村への「寄附」です。 一般的に自治体に寄附をした場合には、確定申告を行うことで、その寄附金額の一部が所得税及び住民税から控除されます。 ですが、ふるさと納税では原則として自己負担額の2,000円を除いた全額が控除の対象となります。 ※総務省ふるさと納税ポータルサイト参照

つまりふるさと納税とは地域の活性化への貢献として寄附をしてその分その地域の特産品などを受け取り

寄附をした分の税控除を受けることができる制度になります!(寄附金額‐2000円=来年の税控除額)

 

ちなみにこの制度が作られた理由は単純です。

皆さんご存知だと思いますが「サラリーマンが一番いる地域」は東京ですね!

では「サラリーマンが一番少ない地域」はどこでしょうか??

実は鳥取県です。

東京のサラリーマン人口が4,197,500人

これに対して鳥取県のサラリーマン人口は155,100人

差は4,042,400人です。

では一人当たりの住民税が5000円だとします。地域のインフラや公共事業などはこの住民税から賄われております。

となると東京都は毎月約209億円を公共事業やインフラに使うことができます。

そして鳥取県は約7億円しか公共事業やインフラに使えません。

この差額を埋めるための制度が「ふるさと納税」なのです!!

 

ふるさと納税の効果

「税金 イメージ」の画像検索結果

ふるさと納税は「税額控除」なので「課税所得」から引かれます。

簡単にいえばすご~い節税効果がある!!ということです。

しかもふるさと納税は寄附した金額‐2000円がそのまま控除額になりますから

節税効果は他のものよりもかなり大きいです。

ではふるさと納税で有名なサイトさとふるを使って今回は特産品を見ていきましょう。

 

上記の画像ちょっと小さいですが見てください!寄付金額が10000円のものになりますが

この画像通りに寄附すると来年の税金から8000円(寄附金額‐2000円)が節税効果になります。

こちらは一種の例ですが他にもいろいろな特産品があり、中には30万~40万の寄附金のものもあります。(年収額によって寄附ができるかわからない)

つまりもし30万円の寄附をすれば298,000円が節税できます。月々24,833円の節税になりますね!

月々このくらいの額浮くとしたら今の生活よりももっと贅沢できますよね!

 

ふるさと納税×クレジットカードの効果!

関連画像

みなさんは年に何回旅行にいきますか?

そして一回の旅行に10万くらいかかっちゃいますよね??これをふるさと納税を使ってみるとかなりお得になります。

ふるさと納税には食品だけではなく「旅行券」なども特産品に入っております。

毎年3回旅行に行くのであれば3回中1回はふるさと納税に使ってみてもいいかもしれませんね。

 

そしてふるさと納税の便利さと言ったらなんといっても「クレジットカード決済可能」ということです。

このクレジットカード決済によってふるさと納税は節税効果+ポイント還元効果という2種類の効果が発生します!

 

その中でもおすすめは「ANAカード」です。ポイント+マイルが貯まるポイント還元カードです!

ANAカード

「ANAカード」の画像検索結果

ANAカードで毎年30万円分のふるさと納税をしたときのシュミレーション

・節税効果

300,000円‐2,000円=298,000円

・ポイント効果

1ポイント、1マイル=100円

年間 2980ポイント 2980マイル

(ANAカードのポイントはそのままマイルに変えられる)

=マイルにしたら5960マイル

◆30年間続けると……

・節税効果

8,940,000円

・ポイント、マイル還元効果

178,800マイル⇒1マイル約2円なので357,600円

合計 9,297,600円の効果

 

いかがでしょうか。。。

「うざい顔 イメージ フリー」の画像検索結果

このクレジットカード効果を使うと30年間で約900万円もお得になるのです!

ふるさと納税だけでもかなりお得になりますがこのほかにもイデコ(個人型確定拠出年金)や生命保険控除などを使うともっと節税できます!

それは次の機会にでもお話ししましょう!



【こちらのメディアも一緒にどうぞ!】
【TABICraft(たびクラフト)】自由な会社員メディア
副業や自由をテーマに様々なことを発信しているメディアです。

【PHOTOCRAFT(フォトクラフト)】PHOTOCRAFT
ドローン、一眼レフなどを用いた写真や動画のメディアです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です