安心第一!Ledger Nano Sで仮想通貨を守る

Ledger Nano Sとは
Ledger Nano Sとは仮想通貨をインターネット上から離した状況で管理するUSBメモリみたいな物です。

保管方法はコールドウォレットに属し、とても安全な環境で保管する事ができます。

大きさがUSBメモリとほとんど同じなので持ち歩くことも可能です。

~安全なポイント~

Ledger Nano Sはどれだけ安全なものかを紹介していきたいと思います。

 

オフライン管理

仮想通貨はネット上のお金なので常にネット環境に繋がっています。

ネット環境につながっていると言うことは、いつ仮想通貨をハッカーによって盗難にあったり、

不正流出が発生してもおかしくありません。

そこで仮想通貨をネット環境から遮断し、仮想通貨の盗難や不正流出をみぜんにふせぐことができます。

 

デメリットとしてはすぐに仮想通貨の取引や決済などが行えないことです。

取引を行う場合はLedger Nano Sをパソコンに繋げ、引き出してから取引所に移動させ取引や決済などを行います。

ですが現在仮想通貨を購入する目的は恐らく儲け目的だと思いますので、普段取引をしない人であればLedger Nano Sに保管しておくのもいいのかもしれません。

 

PINコードで仮想通貨を守る!

Ledger Nano Sは誰でも利用できるということではなく、PINコードというパスワードを設定しておく事で、接続時にPINコードの入力を求められます。

PINコードの入力をしパスワードを解除する事で通貨の出し入れができるようになります。

忘れてしまうと仮想通貨を取り出せなくなってしまいますので必ず暗記するかメモをとっておき保管しておきましょう。

 

 

高度な暗号式でパスワードを守る!

秘密キー(パスワード)はLedger Nano S内に保管されますが、そのまま保管してしまうとハッキングされた際に秘密キーがそのまま漏れてしまいます。

そうした事を防ぐためにLedger Nano Sに暗号化させて秘密キーを保管しています。

 

ちなみにパスワードを暗号化して保管する方法は超一流のIT会社などにも採用されている技術なのでとても安心できる技術です。

 

無くした場合

もしLedger Nano Sを無くしてしまっても仮想通貨を救い出す方法があります。

無くしてしまった場合リカバリーフレーズを利用する事で別のLedger Nano Sに仮想通貨を復元する事ができます。

公式サイトにリカバリーフレーズとは書いてありますが、リカバリーフレーズとは秘密キーのことです。

ですので秘密キーとPINコードだけは絶対に忘れないようにしましょう。

 

利用方法

まずLedger ManagerをGoogle Chromeからインストールします。

Ledger ManagerはLedger Nano Sに仮想通貨を入れるのに必要なソフトウェアです。

Google ChromeがなくてはダウンロードができないのでGoogle ChromeをダウンロードしてからLedger Managerを取り込みましょう。

送金

コールドウォレットの弱点はすぐに取引や決済など行えないということでしたが、パソコンとLedger Nano Sさえあれば取引所を経由しなくても相手に直接送金する事ができます。

もしすぐに送金する可能性が必要になる場合などは常にパソコンとLedger Nano Sを持ち歩かなくてはいけません。

先ほども書きましたが、とても小さいので小物入れや財布などに入れることもでます。

対応している仮想通貨の量

保管できる仮想通貨の種類は30種類です。

日本の取引所だけで取引してる人であればほとんどLedger Nano Sに保管する事ができます。

そのまま使えば対応している仮想通貨の種類は30種類ですが、ウェブウォレットと連携する事で更に6種類の仮想通貨を管理する事ができます。

ですので最大36種類もの仮想通貨を管理する事ができます。

1つのLedger Nano Sに約18個の仮想通貨を入れる事ができます。

 

問い合わせ

直接注文した方は日本語に対応した問い合わせができます。

シリアルナンバーを利用してチャット形式で問い合わせする事ができます。

注文前でも不明点などは問い合わせができるようです。

 

最後に

仮想通貨を管理する方法は考えておいた方がいいです。

ニュースになってないだけで現在もいくつも不正流出などが発生しています。

複数の取引所を開設し分散させる方法もいい方法ですが、Ledger Nano Sを利用してコールドウォレットとしてネット環境から完全に遮断するのも1つの手です。

また、複数の取引所を利用したりLedger Nano Sも使うのも手間がかかってしまいますが1つの手です。

 

自分の仮想通貨の利用の仕方に合わせて保管することをおすすめします。

普段利用する人であっても少しだけ安全な場所に保管しておいた方がいいのかもしれません。

 

レジャーナノの購入はこちら↓

【こちらのメディアも一緒にどうぞ!】
【TABICraft(たびクラフト)】自由な会社員メディア
副業や自由をテーマに様々なことを発信しているメディアです。

【PHOTOCRAFT(フォトクラフト)】PHOTOCRAFT
ドローン、一眼レフなどを用いた写真や動画のメディアです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です