知らないだけで100万円以上損をする!?資産運用方法

こんにちは!

 

皆さんは資産運用をしていますか?

僕は20歳の時から資産運用をしています。

 

正直な話、資産運用を知っているか知らないかで大きな差が生じます。

 

もしこれが2年後、3年後やっている人との差が100万円以上だとどうでしょうか。

皆さんしたいですよね!

 

今回は資産運用とは何か。

なぜ資産運用をしたほうがいいのかを分かりやすく解説していこうと思います。

 

 

1.資産運用とは

資産運用とは自分の資産を目的とし、貯蓄したり投資してお金を増やすことです。

株式投資、FX…と様々ありますが、皆さんが今行っている銀行の金利も立派な資産運用になります。

 

しかし、その金利も戦前は金利12%でしたが、バブル絶頂期には6%、2年前の2016年は0.025%、今では0.001%と徐々に下がってきており100万円貯金しても10円しか増えない状態になっています。

なので今の時代は勝手にお金が増えるのではなく、自分自身で管理をし増やさなければならないのです。

 

2.資産運用は必要?

資産運用は必要なのでしょうか。

これを知っているか知らないかでは大きな差が生じます。

その理由として今後起きてくる「老後資金」と「インフレ化」です。

 

・老後資金

今後不安になってくるのがこの老後資金です。

皆さんは国民年金は支払っていますか?

この国民年金は近年60歳から65歳まで支払わなければいけなくなると、ニュースやメディアで発表されています。

 

今は少子高齢化が進んでおり、このままいくと将来の年金がもらえなくなるともいわれています。

このようになってくると、近い将来年金だけに頼るのも難しくなってきます。

そうなる前にも自分の資産は自分で管理しなければいけないですし、貯蓄も必要になってきます。

なので、今から資産運用をしないといけないのです。

 

・インフレ化

インフレとはインフレーションの略で経済の市場相場が上がることを言います。

こうなると消費するお金の量も大きくなります。

 

給料も上がるからいいのでは?と思う方もいるかと思いますが、日本は世界から見ても借金大国です。

どれくらいかというと-3000兆円あると言われてます。

この状態で給料が上がると思いますか?

それを回収しようと消費税も5%から8%まで上がり、他の税金も上がりつつあります。

 

資産運用をすることで、経済がどうなろうと自分の資産を守ることができるのです。

 

 

3.資産運用のメリット

ここで資産運用をすることで起きるメリットを紹介します。

 

・将来のための資産形成

貯金するのはもちろんのこと、それ以外の出費や余裕資産を確保することができます。

資産形成は他にも、いらなくなったものをネットやリサイクルショップで売ったり、ブログを書いてお小遣いを稼いだりすることも立派な資産形成になります。

それに加え、資産運用をすれば将来のための資産を確保することができます。

結婚した時の費用や、ローンを組まずに車を買ったりマンションを保有したりもできる可能性を秘めているのです。

 

・家計管理の見直し

資産運用をすることで、お金に関して敏感になります。

今何に使っているのか、無駄なものに使っていないかなどお金の管理がしっかりできるようになるのです。

何気なく使っていたコンビニの無駄使いも減るようになり、より貯蓄できるようになります。

 

お金のコントロールは自分で行い、将来のために投資しましょう。

 

4.資産運用のデメリット

メリットがあればデメリットも、もちろんあります。

 

・知識が必要

知っていなければ、何が自分に合っているのか、どのようなもので資産運用をしていいのかわかりません。

 

資産運用の中にネットビジネスを利用して商品を購入させようとする人もいます。

それも、知識がないと自分で判断でずきず、周りに促されてしまうのです。

 

・時間が割かれる

資産運用をするにも時間がかかります。

FXや株式投資など、どの銘柄が一番いいのか、との通貨が稼げるのかということを知識があっても判断しなければいけません。

そのために情報を得なければいけない、分析しなければいけないので時間がかかってしまうのです。

 

プロの方はそれを仕事にしているので、ずっと相場と向き合っています。

皆さんはどうでしょう。

これを見ている人は、学生の人、サラリーマン、主婦…様々です。

その中で時間を割くことはできますか?

 

 

5.資産運用はの種類

その中で資産運用とは具体的にどのようなものがあるのでしょうか。

 

・預貯金

これが一番安定的で安全な方法です。

金利でお金を増やす方法です。

 

しかし、日本の現状は低金利なので増やしにくいです。

具体的に言えば金利は0.001%なので100万円預金していれば10円増え、1億円でやっと1000円増えるのです。

 

・国債

国債とは正式には「国庫債券」といいます。

国が投資家からお金を借りるために発行する債券で、投資家が満期までに受け取る利息のことです。

個人向けの国債は満期5年で基本的には利息0.05%といわれております。

 

・株式投資

皆さんが投資という言葉を聞いて一番思いつく「株」というものです。

これは会社が発行した証明書(株)を購入し、会社はそれに応じてお礼として配当金を配ります。

配当金は大体3~6%といわれており、会社によってはQUOカードや割引券も配布しているのです。

 

・外貨投資

これは外国のお金の値幅で取引する方法です。

俗にいうFXという物でハイリスクハイリターンの投資方法になります。

少ない資金で大きな額を生み出すレバレッジというものを利用して取引します。

変動幅が大きければ利益も大きくなり、動かなければそれほど利益は取れません。

世界経済の動きで大きく変動するので情報を集めるのは大変になります。

 

・投資信託

投資信託は投資家から集めたお金をその会社のファンドマネージャーが運用する方法になります。

最大のメリットは、知識がなくてもプロが運用してくれるので楽なことが最大のメリットです。

これは月に1~2%でコツコツとっていく方法です。

主婦の方も家事をしながらできるのでお勧めです。

 

・不動産投資

マンションや家を実際に購入し、家賃収入で利益をとっていく方法です。

これも、自分は何もしなくてもお金が入ってくる方法ですが、住んでくれる人がいなかったりすると固定資産税だけ払うだけになるのでこれが一番の肝になります。

最大のデメリットは初期投資金額が大きすぎることです。

マンションを買うので5000万~2億くらいが相場になります。

 

5.最後に

最後に資産運用をしている人としていない人でどれくらいの差が出るのかを詳しく出してみようと思います。

 

月収30万の人がいて月々8万円ずつ貯金できる人がいるとして

資産運用をしない人は1年間で96万、10年間で960万を資産形成できます。

 

資産運用をする人で8万円残るお金を4万円を貯金、4万円資産運用するとします。

月々2%ずつ利益を出すとして

1か月で40,800円

2か月で82,416円

3か月で124,864円

4か月で168,161円

これをずっと行えば

1年で資産運用だけで547,212円になり貯金額を合わせれば1,027,212円で差額は67,212円も変わるのです。

10年で19,920,933円になり差額は10,320,933円にもなり、資産運用をしていない人とこれだけ貯蓄が変わってくるのです。

 

資産運用をするかしないかはお任せしますが、知っておいたほうがいいと思います。

知らないのは罪です。

100万円以上も損をしないためにも賢くお金は使いましょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です